HOME > 情報 > こだわり棟梁のいる工務店 宇七工務店(うしぢこうむてん)

こだわり棟梁のいる工務店 宇七工務店(うしぢこうむてん)

20年程前にある方から聞いたお話。
「現在の建築技術で建てられた家は、もって30年だね。10年頃からガタがきて、修理し続けて、大きな改装を30年後にはしないといけないんだよ。」とのこと。

家を安く量産するために簡単に建てる方法があるようで、修理も簡単に行えるそうです。ただし、昔ながらの大きな柱が家を支えないことから、そういった家をつまらなく思う人もいますね。

一戸建てを建てるなら、できれば昔のような丈夫な家、太い柱を使いこなせる大工さんにお願い出来れば安心できます。秋田県由利本荘市に工務店があるのですが、そこには新築を建てる際、日本の秋田杉100%で建築してくれる、古き良き伝統を重んじる棟梁がいらっしゃいます。

細かな仕事にも手を抜かない棟梁はなにせ自信の仕事にこだわりを持ち、お客様の信頼を得ることを第一に、素材にも技術にも道具にも手を抜かない大工さんです。昔の伝統を重んじているということで、おいくつの方かかなぁと気になっていましたが、お写真を拝見するととてもお若い方でした。

代々伝わる伝統を持つ工務店が減る中、本物の棟梁はまだまだ健在です。大切な家族を守る家は、こだわりの棟梁に任せるのが一番安全で安心ですね。

由利本荘市 宇七工務店(うしぢこうむてん)ホームページ